ウインドリペア施工例, ガラスリペア, ブログ

少し難しいウインドリペアでした。

こんにちは。
ウインドリペアの出張専門店、デントリペア・アートの もとおか です。

アウディQ2のオーナー様からのご依頼です。
つい最近にロングクラックが出来てしまいフロントガラスを新品交換されたそうなのですが、
再度飛び石被害に遭ってしまい、今回は当店のリペアを選択していただきました。

 

ひび割れの場所はここ。

 

セラミックラインにかかってます。
場所的に施工が難しい所ですが…

 

さらに、ガラス表面の欠けている部分がかなり大きいです。
(黒く見えている部分が表面が欠けている部分です。)

 

そのままでの状態ではインジェクターを取り付けても、ひびの中に注入するレジンが全部漏れてしまいますので、欠けている部分の一部だけを表面が平らになるように加工しました。

 

これでインジェクターをしっかりと取り付る事が出来ます。

 

取り付けた後はひびの内部にレジンを圧入し、硬化させていきます。

 

施工後の拡大写真です。

 

殆ど目立たない状態に仕上がりました。

ウインドリペアで対応出来なければ再度ガラス交換になってしまうので、オーナー様のご負担が大きくならないようなんとか対応が出来てよかったです。
この度は有難うございました。

デントリペア・アートではリペアが難しそうなひび割れも、工夫しながら出来る限りの作業をさせていただいております。
フロントガラスの傷でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

Comment





Comment